高血圧の改善と予防に効く食事療法~ヘルシーマン~

先生

血圧を正常にする食べ物

高血圧の食事療法向けの宅配食を提供する業者は多くあります。比較して見ることで選ぶことが簡単になるでしょう。

身近な食べ物

先生

高血圧の食事療法では、豊富な食物繊維とカリウムが役に立ちます。 1日1個のりんごを食べると高血圧の予防になり、降圧剤を使用している方は、薬を減らすほどの治療効果があると言われています。 りんごは、糖分が平均10〜30%と低いため肥満の心配がなく、食物繊維のペクチンが多いので便秘にも有効で、糖質の吸収を抑えます。また100g中110mgと大量にあるカリウムがナトリウムのバランスをとり、治療の補助となります。 カリウムの作用は、細胞の内側にあって、血液中のナトリウムとの調和をはかることです。 正常なバランスは、カリウム2以上に対し、ナトリウムが1以下とされていますが過剰な塩分摂取があると、このバランスが狂ってナトリウムが多くなり、血圧が高くなります。 糖分とナトリウムが少なく、カリウムの多いものを選んでたべる食事療法がポイントですので、りんごは身近な食べ物と言えます。

体調に応じた食事法が重要

高血圧を引き起こす要因として、遺伝的な要因で食事内容とは関係なく高血圧になりやすい人がいます。子供にはこのタイプが多いと言われています。食事療法で食塩の制限が必要です。 肥満するとともに血圧が上昇しますから、食事療法で減量も必要になってきます。 塩分過剰摂取は、日本人に多いタイプで、食事療法での食塩の制限が必要になります。 塩分とカリウムのアンバランスがあると高血圧になるとわかっています。カルシウム不足も高血圧を招くといいますが、まだ究明はされていません。 カリウムを多く含んでいる食べ物は、他にもありますが、一般に緑黄色野菜、海藻類、新鮮な果実などに多くあります。果実は糖分の多いものがあって肥満の原因になりますから気をつけるのがポイントです。 これらの改善が、食事療法の基本になります。

日本人の国民病

食事

高血圧の治療のためには、食事制限は必須です。食事療法は一日二日で終わるものではありません。塩分を減らした食事内容を心がけながら、血圧を下げるカリウムを豊富に含んだ食材を摂りいれることで、食事を楽しみながら続けて行きましょう。

食事を楽しむことができる

食事

腎臓病食は今では宅配で届く時代になっています。家族の負担を減らすだけではなく、様々な味を楽しむことができます。比較検討を行うことも必要ですが、早めに腎臓病食を摂取することで腎臓に与える影響を減らすことができます。

毎日の食事だからこそ

食事

腎臓病の場合には、食事療法というのが非常に重要になってきます。たんぱく質やカリウム、エネルギーや塩分、水分など医師の指示に従った食事が大切になってくるのです。そこで役立つのが、腎臓病の食品交換表と治療用の特殊食品、宅配食です。